LCCを使う理由は?旅行を格安で行くためのお得情報特集!

- デメリットがありそうなLCCを使う理由とは?

デメリットがありそうなLCCを使う理由とは?

飛行機チケットが格安で手に入るようになりましたよね。
海外での航空券の会社が、国内でも運行をはじめたというニュースを耳にすることもあります。

私が初めて格安での航空券を国内で使ったときは、毛布は1000円もするし、ドリンクも軽食もお金がかかるし、待合室は手狭だし、空港のカウンターはすごく並んでいるし…という、LCCならではのデメリットを味わって、しかも遅延というパターンだったので、「しばらくLCCは使いたくない」と思ってしまいましたが、慣れるものでもありました。
厳密に時間を決めなくていい旅行とか、気ままな一人旅なんかには向いているのかも。
飛行機チケットが格安なのって、かなりありがたいポイントになりますからね。
いつも飛行機チケットのお金が、旅行のネックでしたから。
大きなLCCが国内で使えるようになってからは、国内旅行がとてもしやすくなったと思います。
夜行バスじゃ体力的にもきついし、時間もかかりすぎてもったいないってことありますからね。
学生時代はそれで良かったけど、社会人って取れる休みも限られてきますから。
アルバイトでとても忙しかった学生時代の友人が、格安の航空券を頻繁に利用していた理由が、ようやく分かった気がします。

国内旅行は格安の航空券でもっと楽しくなる

国内旅行は格安の航空券でもっと楽しくなるものですよね。

大手の安定した旅客機も良いのですが、格安の航空券を駆使すると、旅行にかかる全体の費用をおさえることが出来ます。
「駆使」っていう言葉も仰々しいかもしれません。
インターネット上で簡単に申し込めるので、LCCはとても身近なサービスとなっているのです。
国内旅行のように短いフライト時間であれば、航空券はより利用しやすいです。
機内食やドリンクがただではなくなっているけれど、短時間の飛行であれば、あまり気にならないものですから。
この間は、LCCを使って友達と九州旅行にいってきました。

午前中に出発して、お昼時には着く便だったので、食事の必要はなかったです。
少ししゃべっていて、いくらかうとうとしていたら着いてしまった感じです。
関東よりやっぱり気温が温かくて、過ごしやすい感じでした。
飛行場って、大げさに現地の言葉や食べ物が強調されていますよね。
あれにもうわくわくしてしまいました。
これは本当に旅行の醍醐味ですね。
接客をしてくれる人の言葉のイントネーションなんかに、「遠出してきたんだな〜」って感じるきっかけがありました。
顔立ちとかは、さすがに国内旅行くらいでは分からないですが…。